いちごの育て方

このエントリーをはてなブックマークに追加   
いちごの色々な育て方/プランター・畑など
いちごの栽培をもっと詳しく!
自分に合った栽培方法を探しましょう。

いちごは、家庭菜園が趣味の人から、農家の人まで幅広く栽培されています。
ですので、育て方は多種多様!
家庭菜園ではプランター栽培、農家の人なら畑での露地栽培や、ハウス栽培などが挙げられます。

この他には、どんな育て方があるのでしょうか?
プランターや畑での栽培は、どのような事がポイントになるのかも解説していきます。

スポンサーリンク

プランターと畑でいちごを栽培。
その特徴とは?


いちごの育て方には、それぞれ特徴があります。
メジャーな「プランター栽培」と「畑」での栽培を比較してみましょう。

プランターの場合、どこでも育てられるというメリットや、天候が崩れた時に対処しやすいというメリットがあります。
畑での育て方の場合、沢山育てる事が出来るという事や、日光を長い時間浴びせやすいというメリットがあります。

いちごに適した育て方とは
どの栽培方法なのでしょうか?

いちごの育て方で失敗しにくいのは、畑などに地植えする育て方です。
これは、いちごに限った話ではないのですが、植物は狭いプランターなどで育てると、成長を抑える性質があります。

また、室内などでプランター栽培する場合も注意が必要です。
いちごは、直前は5℃ほどの栽培環境を好む傾向があるので、室内だと温度が高すぎて開花しない事もあるのです。

スポンサーリンク

プランター栽培の手間とは?
畑の方がいいのでしょうか?

いちごを地植えする育て方は、ランナーが伸びた時にも手間が掛かりません。
プランターの場合ランナー用の鉢が必要になりますが、畑でいちごを育てた場合は、不必要なランナーを切除するだけで、後は伸ばしたままでも苗になるのです。

プランター栽培は手間が掛かりますが、家庭菜園者の中には、その「手間」を楽しむ人もいるので、どちらにも魅力があります。

寒い地域だと室内栽培が基本です。
現在のハウス栽培とは?

北海道でのいちごの栽培は、屋内での育て方が基本です。
寒さに強いいちごも北海道の寒さには耐えられず、結実しない場合があるのです。

また、いちごは霜に弱いので積雪などがあると、雪の重さや、霜によって枯れてしまう事もあります。
ですので、北海道のほとんどの農家はいちごをハウス栽培で育てています。

ハウス栽培の中にもさらに2種類あり、土に植えるタイプと、土を使わず「イチゴの根」を水に漬けて、自動で肥料を送る「高設栽培」というものがあります。

高設栽培は北海道の他にも、軽井沢などでも行われている最新のハウス栽培です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加