いちごを冷凍

このエントリーをはてなブックマークに追加   

いちごは冷凍できる?
冷凍保存可能なレシピとは?

ファン多数!
冷凍したイチゴの魅力とは?

いちごは、水分に弱いので冷凍保存に向いてないと思われがちです。
しかし、いちごを冷凍保存して食べる人って多いんですよ!
いちごを冷凍しないと作れないレシピもあるんです。

また、冷凍したいちごはどのくらい保存する事が可能なのでしょうか?
今回は、冷凍イチゴの上手な作り方や、そのレシピなどを紹介していきます!

スポンサーリンク

冷凍する理由とは?
どうやって食べるのでしょうか?


いちごを冷凍する理由は、「長持ち」させる為ではありません。
冷凍したいちごでしか味わえない「味」を楽しむためです。
つまり冷凍したいちごは解凍して、生のいちご感覚で食べる事は出来ないのです。

完全に解凍したいちごは、ジュクジュクになってしまい美味しくありません。
冷凍したいちごの食べ時は、「半解凍」くらいがベストなのです。

冷凍する前に知っておきたい事とは?

いちごを冷凍保存する時に注意する事は、粒同士がくっついてしまうという事です。
これを避けるためには、冷凍保存する前に、いちごに砂糖をまぶすことです。
こうする事により、冷凍によってくっついたイチゴも簡単に剥がす事ができるのです。

また、「半解凍」のイチゴは、練乳や砂糖をまぶす食べ方をおすすめします。
半解凍のイチゴは温度が低く、甘さが落ちてしまいます。
これ以外の食べ方は、どのようなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

冷凍イチゴの流行レシピを紹介!
離乳食としても使えます。

冷凍イチゴには様々なレシピがあり、最近の流行っている食べ方は、冷凍イチゴをかき氷機の中に直接入れて、かき氷にしてしまうレシピです。
このかき氷は甘さが強く、イチゴ本来の香りを楽しめるのも魅力です。

また、柔かいので離乳食としても使う事もできるんです。
離乳食として使う場合は、練乳などをかけて、赤ちゃんが食べやすい状態にしてあげましょう。

冷凍イチゴの使い方は単純明快!
だから美味しいんです!

いちごを冷凍できる期間は、約一ヶ月になります。
普段、保存期間が短いので冷凍できる期間が長いのは、嬉しいですよね!

また、ヘタを取ってから冷凍すると、使う時に手間が省けます。
冷凍イチゴの使い方のほとんどは、潰して食べる方法が多く見られます。
牛乳と一緒にミキサーに入れて作る「イチゴシェイク」や、マッシャーで適当な大きさに潰して、ヨーグルトに掛ける「冷たいジャム」などが挙げられます。

冷凍イチゴの食べ方は単純ですが、暑い季節にはぴったりの食材なのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加